キトサン専科

バイオボールQ&A
バイオボールとは何ですか?
バイオポールは、種々の微生物の中から、更に良性の微生物を取り出して、溶解性の栄養分
の中に固形化して、冬眠状態にしたものです。
バイオボールにはどのような徴生物が混合されているのですか?
バイオボールに使用されている徴生物は、良性の、嫌気性菌、好気性菌、光合成菌、通性嫌
気性菌等が、使用されています。バイオボール1個(約10g)の中には約100億の良性の徴生物
が混入されています。
もちろん、バイオボールに混入されている微生物は、病原菌等を含んだ有害徴生物は混入さ
れていません。バイオボールには、一般土壌菌の中より突然変異で、ものすごいパワーを持っ
た菌が、混入されています。
バイオ・ボールに混入されている徴生物は、通常市販されている徴生物より、10〜1OO倍のパ
ワーをもった微生物であり、素晴らしい効能効果を発揮します。
バイオポールはどのようにして生まれたのですか?
バイオ・ボールは、アメリカにおける最先端の技術を導入して、生まれました。微生物における
研究分野では、残念なことに、日本はアメリカよりはるかに遅れを取っています(10年〜20年の
差が有ります)。
バイオボールはどんな効果が有りますか?
バイオボールを使用することによって、動物油脂、植物油脂、タンパク質、デンプン、セルロ一
ス、硫化水素、炭水化物などを分解し、更に、合成洗剤を含む界面活性剤をも、分解処理をす
る他に、類を見ない抜群の効果を持った微生物です。
浄化槽や合併槽ではどのような効果がありますか?又、使用方法は?
バイオボールを使用すると、悪臭の除去や汚物の分解処理に素晴らしい効果が有り、浄化槽
や合併槽の機能が回復します。
〈使用方法>※一般家庭小型浄化槽5人槽の場合の目安。
1)初回はバケツ(約10Lの水)等の容器に、バイオポールを4〜5個入れ、6〜7時間以上培養し
た後に、排水口や便器に直接流します。
2)その後、毎週、水洗タンクや小便器に1〜2個を投与して、トイレの使用後の水を流せぱ、浄
化槽や合併槽に流れていき、すぱらしい効果があります。(但し、浄化槽や合併槽の大きさに
より、使用方法が異なります。)
バイオボールの保管方法は?又、有効保管期間は?
20℃以下の冷暗所に保管して下さい。直射日光は、絶対に避けて下さい。水分を含まない様
に保管して下さい。(バクテリアが活動する条件は、水、温度、栄養であり、当社バイオボール
は水分をカットして、休眠状態になっている為、水分を与えると休眠から(約8時間後)さめて、活
動するためです。)1年間は有効です。
自動食器洗浄器を使用していますが、厨房内でバイオボールを使用しても問題はありませんか?
強アルカリ性(水酸化ナトリウム等)の洗浄剤を使用しないで下さい。何故なら、殺菌力が残留
し、更に持続するために、バイオボールを投入しても、浄化槽、合併槽の微生物を殺してしまう
ので、非常によくありません。
※塩素系(次亜塩素酸ナトリウム等)、強アルカリ性(水酸化ナトリウム等)、強酸性(塩酸、硫酸
等)の洗浄剤の使用も避けて下さい。
汲み取り式トイレでの使用にはどうでしょうか?
汲み取り式トイレでは、汲み取ってもらった後、バケツ(約10L)にバイオボールを3〜4個入れ、6
〜8時間培養したものを、まんべんなくまいておくだけで、汚泥の分解・消臭ができます。