キトサンQ&A

Q.「キトサン」はどこにあるのですか?
 A:カニ、エビなどの甲殻、イカの軟骨、カブト虫やセミなど昆虫類の外皮、カビ・キノコ・酵母などの菌類の細胞壁…などにキチンという形で存在します。これを加工、精製してキトサンが出来上がります。

Q.では「キチン」とはどんなものですか?
 A:製造の原料として、普通カニやエビの甲殻が使われますが、それを塩酸で脱カルシウム・脱タンパク等をしてキチンを取り出すのです。
色は、本来は無色または白色の粉末です。
(化学構造は綿やレーヨンなどのセルロースに似ており、アセチルグルコサミンと呼ぱれる糖が連なった巨大ポリマー(高分子)。
このままでは、体内で吸収されません。

Q.「キトサン」とはどんなものですか?
 A:キチン分子中の「アセチル基」が外れたもので、キチンからキトサンを抽出すると考えてください。
言い換えれば「カニ殻などに含まれるキチンをキトサン化して、私たちの健康に役立つように精製したもの」となります。
脱アセチル化度が60%以下をキチン、60%以上をキトサンと呼びます。
(通常、この脱アセチル化処理でキチンの約80%がキトサンに変わり、20%はキチンのまま残っているのでその混合物を「キチン・キトサン」と呼んでいます)

Q.体への悪い影響はありませんか?
 A:キトサンの安全性についてはいくつかの報告がありますが、いずれも安全性の面において間題となるような報告はありません。
マウスの実験で15g/kg/日以上(ヒトの体重60kgとしてアピエース50でいうと7200粒以上)になると異常が発生するとされています。
この値はショ糖(砂糖)よりも大きい値になります(ショ糖の致死量は129/kg/日といわれています)。
こういったことから考えると、実用上無害であるということが出来ます。
単純に考えても、食品と規定されているものですから安全であるということは、納得していただけるものと思います。

Q.高分子キトサンと低分子キトサンの違いは?
 A:高分子キトサンは胃液に溶かされてゲル状になっても分子量は変わらない。(数10万から数100万)。そのため、吸収されず排泄されてしまいます。
しかし素通りするだけでも強い効果があることが判明しています。
一方低分子キトサンは分子量が1万以下。
グルコサミンやアセチルグルコサミンの形で腸から自然に吸収されます。
結果的には、高分子・低分子共に私たちにとっては重要なものなのです。

Q.水溶性キトサンとよく聞きますが?
 A:キトサンは本来水には溶けません。このキトサンという健康を維持していく為にどうしても必要不可欠なものが、より効果的に作用するように、水に溶けるよう加工して吸収力を高めたものが水溶性キトサンです。
人間はキチン・キトサンを分解する消化酵素を持っていません。
水溶性の大部分は腸内細菌によって分解されそして吸収されます。

Q.具体的に、使われているのはどんなものですか?
 A:まず医療分野においては、人工皮膚や人工靭帯、縫合糸などに利用されています。
(私たちの皮膚から分泌されるリゾチームという酵素がキチン・キトサンを分解するので、糸は体内に吸収され、抜糸の必要がありません)。
止血作用・殺菌作用・治癒促進効果の他、体親和性があるので体になじみやすく拒絶反応も少ないのです。
また、保湿性があり細胞を活性化してくれるので、美容効果を高めるとしてスキンケア製品や毛髪トリートメントなど化粧品にも利用されています。
抗菌.保温・防臭効果が期待できるとして、アトピー性の皮膚にも刺激が少ない肌着類・寝具類などの衣料用素材にも注目されています。
そして、農薬の使用で有害な菌や虫を殺すと同時に有用な菌や虫も殺してしまい、キチン・キトサンを提供していた昆虫が土壌にいなくなってしまった今、生長促進・滅菌作用のあるキトサンを植物活力剤や連作障害防止剤として農業分野でも利用されています。
この他、吸着作用で重金属・放射性物質の除去や汚水処理に利用されたり、防腐剤がわりに食品業界で利用されたり…等、多くの効果・作用を秘め、広範囲で利用可能な物質なのです。
このようにあらゆる生活用品に使われ、環境・公害対策にもなります。
他にも免疫力を高めたり血圧の上昇を抑えたりと、効果は多岐にわたっております。

Q.最近「キノコキトサン」という言葉をよく聞きますが?
 A:カニやエビの甲殻から精製されるキトサンとはまったく別のものです。
キノコキトサンは食用キノコ(エノキダケやシイタケ、マイタケ、アガリクスなど)から抽出された「β−グルカンと植物性キトサンからなる複合したキノコのキトサン」です。
キノコキトサンには肥満の解消、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、高血圧、便秘などいわゆる生活習慣の予防と改善にその有効性が期待されています。